« ☆ドルフィントレーナー専攻☆鳥羽水族館に行ってきました | トップページ | ☆ドルフィントレーナー専攻☆私のおススメ映画「Free Willy」 »

2014年8月28日 (木)

聴導犬blog~聴覚障害での普段の生活について~

こんにちはpaper

ドッグトレーナー専攻補助犬クラス2年の鈴木琴音ですsign01
今回は、授業中でお話しされた聴覚障害者の方が普段、生活をされている中で困ったことをお話ししていきたいと思いますconfident 私たちは実際にお話を聞き、分かっているようで分かっていなかった聴覚障害者の方の生活を少しですが知ることができましたflair 先日もお話しさせていただきましたが、パッと見では障害について他の方は気づくことができませんdanger なので一日に何度も聴覚障害について説明をされるそうですwheelchair
物を落としたことに気づかない→それを拾ってくれた人に呼び止められた時に気づかない→特に、呼び止められたことに気づかない時にはトラブルになることもあるそうです(-_-;) そんな時には説明をして理解をしてもらうそうなのですが、中には怒りが収まらない方もいるそうですweep 他にも、病院や電車、バスに乗っている時も名前や駅名を聞き逃してしまったりと、困ることは沢山ありますcoldsweats02 災害時等には、停電が起きた時にはテレビがつかず、文字としての情報を得られませんよねsweat01 放送等で避難を呼び掛けても、聴覚障害者の方には聞こえない場合が多いですwobblyear とても怖いことですよねshock 津波や地震等で亡くなられた方の中には、避難を促す放送や情報を得られず、逃げ遅れた方が多くいるそうですthink ご近所さんがドアを叩いて逃げるように促しても聞こえなかったり、普段一緒に暮らしているご家族が側にいなかったりと、様々な理由がありますrecycle 聴導犬がいれば、救える命があったかもしれないと先生はおっしゃっておりましたsign01 聴導犬は、逃げるように促すためにドアを叩く音も教えてくれますdog これだけでも情報を得るための手段が増えますup ですが、聴覚障害の方に聴導犬がどうしても飼えない方もいますよねdespair 犬が苦手な方や、経済的な事情、その他にも様々な事情がありますdash そういった方には、ご家族のみならず、ご近所の方のご協力も必要ですrock
もっとこういった聴覚障害について、命の危険や普段の生活での困ることをみなさんに知ってほしいですclover

|

« ☆ドルフィントレーナー専攻☆鳥羽水族館に行ってきました | トップページ | ☆ドルフィントレーナー専攻☆私のおススメ映画「Free Willy」 »

聴導犬プロジェクト」カテゴリの記事