« ☆ドルフィントレーナー専攻☆イルカの食事風景観察IN海遊館 | トップページ | 聴導犬啓発blog~補助犬について~ »

2014年8月 2日 (土)

〜聴導犬になるには?〜その1

こんにちは!
大阪ECO動物海洋専門学校補助犬クラスの渡邉亜美ですnote

今日も前回に引き続き、聴導犬の訓練についてお話しさせていただきますpaper

第2段階   
社会参加訓練と音の本格訓練が終わった後は、希望者に合わせた法的訓練及び合同訓練を行いますflair 基礎訓練は60日以上かけて行いますeye 基礎訓練は、希望者の状況に合わせて聴導犬への合図を手でするか、声でするかどちらかにしますsign01 また生活環境内で訓練を行い、ユーザーの日頃の活動範囲内での乗車訓練や社会参加訓練をおこなっていきますtrainbusbullettrain 最後の合同訓練は、ユーザーとなる希望者に対して、聴導犬が指示に従うようにしたり、音に反応して伝えられるようにしたりする訓練ですbell 合同訓練では、希望者と犬がセットとなり、訓練士から指導をうけますschool 希望者は、犬とのコミュニケーションの取り方や、日常の管理や犬の病気について公衆衛生に基づく予防などを学びますmemopencil 候補犬は、希望者の指示に従うことを覚え、音に反応して希望者に伝えることを行っていきますdog 合同訓練終了後は、候補犬と希望者は聴導犬の認定を行う厚生労働省が指定した法人が行う試験に合格すると、認定をうけますshine どうでしたかsign02 聴導犬になるまでの道のりは、決して楽なものではありません。 だからといって、聴導犬の訓練が厳しいというわけではありません。 訓練とは言っても「ファン・トレーニング」と言われるもので、候補犬はゲーム感覚で楽しみながら行っていますhappy01 また機会があれば、聴導犬の訓練風景をご紹介したいと思いますnotes 今日は、ここまでsign03 次回もお楽しみに〜heart01

|

« ☆ドルフィントレーナー専攻☆イルカの食事風景観察IN海遊館 | トップページ | 聴導犬啓発blog~補助犬について~ »

聴導犬プロジェクト」カテゴリの記事