« フラワーコンテスト受賞! | トップページ | 【オーストラリア組いってらっしゃい!】 »

2014年10月17日 (金)

コウノトリの郷と里山実習

こんにちは。ECOの城者です。

野生動物保護専攻1・2・3年合同で実習を行ないました。

場所は兵庫県豊岡市です。

豊岡と言えば「カバン」って知っていました?

Dsc_0674_640x428

さすがカバンの町、カバンの自動販売機を発見しました!

そして、豊岡と言えばコウノトリ…。

Dsc_0553_640x428_2

かつての日本には、コウノトリが普通に生息していましたが、

昭和46年に日本の空からコウノトリは姿を消してしまいました。

コウノトリ最後の生息地だった豊岡で、

繁殖~野生復帰を目指して挑戦が続けられています。

Dsc_0754_640x428

 

コウノトリが野生繁殖するには、

コウノトリだけを保護・繁殖させても意味がありません。

コウノトリがこの地で生息していけるだけの、

多様な生物が生息している環境が必要なのです。

Dsc_0580_640x428

そのため、この地域では、

コウノトリのエサになるドジョウや小魚、昆虫が生息できるよう、

農薬を使わない米作りが行なわれています。

Dsc_0813_640x428_2

宿泊はそこから更に山奥へ入り、

わずか5軒しか民家のない集落で公民館をお借りしました。

自然も野生動物も大切にしていきたいが、

人の居なくなった村では、耕作放棄地が広がり、

山は荒れ放題です。

Dsc_0824_640x428

鹿、猪、熊など野生動物の脅威にもさらされています。

 

村の方々の温かい受け入れで、

マキ割りの仕方、草刈り機の使い方、

チェーンソーの使い方を教えていただきました。

Dsc_0044_640x428

簡単そうに見えて、やってみるとこれがなかなか難しい…。

Dsc_0095_640x428

これができるようになったらどんなところでも重宝されそう!

Dsc_1009_640x428

 

食事は里山の恵みをいただいて自炊です。

Dsc_0948_428x640


カマドで飯を炊き、

差し入れしてくださった鹿肉と猪肉をいただきました。

Dsc_0935_640x428

自然環境と野生動物の視点で考えれば、

無理をして集落を活性化するよりも、

もしかしたら人が居なくなった方が良いのかもしれません。

しかし、実際にはそこに住んでいる人がいます。

Dsc_0133_640x428

 

人と自然と動物が、どうやって共存していくのか!?

実体験を通して、そんなことを考えさせられました。

Dsc_0983_640x428

|

« フラワーコンテスト受賞! | トップページ | 【オーストラリア組いってらっしゃい!】 »

eco★news」カテゴリの記事