« アワビのある日の出来事 | トップページ | 大阪ECOの看板犬(アクア) »

2014年9月10日 (水)

ドッグトレーナー専攻2年生のアジリティーの授業に潜入!!!

皆さんこんにちはsun
ドッグトレーナー専攻担当の志形(シガタ)ですdognote

朝と夜はずいぶん涼しくなって、秋らしくなってきましたねmaple
気温の差が激しい時期ですので、風邪などを引かないように皆さんお気を付けくださいdanger

さて、先日はドッグトレーナー専攻2年生のアジリティーの授業に潜入してきましたcamera

皆さんは『アジリティー』という競技をご存知でしょうかeye

アジリティーとは、犬と人間が調和をとりながら、コース上に置かれたハードル、トンネル、シーソーなどの障害を、定められた時間内、定められた順番通りに、確実にクリアしていく競技で、簡単に言うと犬の障害物競争ですdiamond

ドッグトレーナー専攻では、1年生の頃から授業カリキュラムの1つとして実践を積み重ねていますが、2年生では、担当犬と調和をとりながら、より複雑なコースをクリアしていきますmotorsports

今日のコースには、ハードル、トンネル、ロングジャンプ、スラロームという障害が置かれていましたsign01

Photo

スタート地点には、ハードルが置かれていましたup
ハードルの前で、犬は一時停止の状態で待ちますconfident

1

指導手の合図で勢いよくスタートを切りますdash

3

こちらは、リードありの状態でトレーニングをしていますが、どの犬も始めはリードを付けて、コントロールをしていきますrecycle

Photo_2

ハードルのところでは『ジャンプ』と号令をかけていましたsmile

Photo_3

トンネルは、カーブしているので、犬には出口が見えませんcoldsweats02
ここでは、勢いをつけて『トンネル』または『ハウス』と号令をかけていましたdelicious

Photo_10

しかし…まだ不慣れだと、なかなか出て来ないweep
出口でしっかり呼んであげますsign03

Photo_4

ロングジャンプという障害も、犬に飛び越えさせるので『ジャンプ』と号令をかけますchick

Photo_5
Photo_6
Photo_7

アジリティーに慣れてきた犬は、リードを付けずにコースを走りますrun
犬のスピードが速くて、頑張ってシャッターを切ってもブレブレですが…shock

Photo_8
Photo_11

4月からトレーニングがスタートしたので、これからまだまだトレーニングを積み重ね、犬の能力もハンドラー(指導手)の技術もアップしていくことと思いますupup


2年生、頑張ってますrockshine


Photo_9

|

« アワビのある日の出来事 | トップページ | 大阪ECOの看板犬(アクア) »

eco★news」カテゴリの記事