« 【ドッグマスター専攻 ドッグイベント報告】 | トップページ | 【トリミングコンテスト】 »

2014年7月22日 (火)

【くるくるちゃん】

みなさんこんにちはsun
動物園公務員pig動物園動物飼育専攻horse担当の廣谷ですpenguin

以前のブログでレアなくるくるちゃんをご紹介しましたね( ^ω^ )

覚えていますか?
あのスタイリッシュな名前sign03

ポリミタ・ピクタ
和名はコダママイマイですよgood

さてさて、今回は、マイマイによく似たこの生体

Tanishi

アオミオカタニシの紹介です。

一見すると、マイマイにしか見えませんねsign05
どこが違うの?Σ(゚□゚(゚□゚*)

前々回ブログでは、
「殻に蓋があるものをタニシ
ないものをマイマイと分ける」
と書きましたが、実は他にもあるんですflair

注目して頂きたいのは、目eye

マイマイの目は大触覚と呼ばれるものの先端にあり

Kuncyan

タニシの仲間は大触覚の根元にありますpaper

よーーーーく見ると、つぶらでかわいい目をしているんですよheart01heart01

さて、このアオミオカタニシ
その名の通り、青みがかった綺麗な色をしていますが、殻の色ではなく、本体の放つ色です。殻は半透明であります。

また、南西諸島に生息していますが、絶滅した地域もあり、今では準絶滅危惧種に指定され、なかなかその姿を見ることはできません。


そんなアオミオカタニシをイベントでは
観察することができます!

ブース内にはルーペもご用意しておりますので、じっくり観察してくださいねhappy01
そのつぶらな瞳に驚くことと思いますΣ(・ω・ノ)ノ!

イベントは今週末から!
ぜひみなさん、天王寺動物園でお会いしましょうshineshine
お待ちしております。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

「〜ほんとに知ってる? 身近な生物たち〜 まるまるちゃんとくるくるちゃん」

 この夏、天王寺動物園では夏休み特別企画として、身近に潜む不思

議な生き物 「ダンゴムシ」と「カタツムリ」の色彩変異個体を集めた展示会が催される。普 段何気なく目にする彼らだが、その色は実に多彩。各地から集められた色とりど りのダンゴムシやカタツムリが一堂に会し、中には関西初展示となるカタツムリ も登場する。また、子どもたちが夏休みの自由研究課題としても活用できるコー ナーも用意されている。
 これだけのダンゴムシ、カタツムリが集まるのは日本初!

●開催期間/7月25日(金)〜8月10日(日)、9:30〜16:30
         ※入園は16:00まで   
●開催場所/大阪市天王寺動物園 爬虫類生態館IFAR内(大阪市天王寺区茶臼山 町1-108)
●料金/天王寺動物園入園料のみ(大人¥500円 小中学生¥200)


写真協力
「ダンゴムシの本」著書
奥山 風太郎







|

« 【ドッグマスター専攻 ドッグイベント報告】 | トップページ | 【トリミングコンテスト】 »

eco★news」カテゴリの記事