« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月30日 (日)

【冨水 明氏特別講義】

みなさんこんにちは

動物園公務員動物園動物飼育専攻担当の廣谷です

大型台風17号が接近中です!

厳重に注意してくださいね

何が飛んでくるかもわかりません・・・

さて、

http://cblog-eco.oca.ac.jp/blog/2012/03/index.html#entry-71743454

前回の講義から早半年・・・

学生たちは就職活動まっただ中であります

そんな学生たちにさらに火をつけるべく

熱い熱い特別講義が開催されました。

Ssc_0080

今回は、冨水先生自らの経験談や

業界に入るとはいかに難しいことか

また、入ってから「継続する」ことの難しさ。

冨水先生だからこそ話せる業界のちょっとした裏話。

学生たちが難しくて避けてしまいがちな

分類や学名のお話も

身近なものに例えて本当に分かり易く教えてくださいました。

学生たち、学名を覚えるのがきっと楽しみになったのではないでしょうか

Ssc_0082

↑こちら、何やら怪しいものを手にする冨水先生

決して怪しくはなく

画像ではセットになっていますが

中にはプローブという金属の棒が入っており

ヘビの雌雄判別のために用いる道具です♂♀

この後、実際に実習室にいるヘビを使って

雌雄判別していただきました

苦手な方もいらっしゃると思いますので

写真は控えさせていただきますね。

Ssc_0091

↑冨水先生に集中する学生たち

本当に、学生たちの冨水先生に対するまなざしは熱いものでした。

あとは、もっと積極的にアピールできるようにならないといけませんね

冨水先生の講義は3度目ですが

いまだに名前を覚えてもらっていない学生たち、話したことのない学生たち。

恐れていては何も始まりませんよ?

冨水先生や業界の方にはしっかり自己アピールして

まずは名前からでも覚えてもらえるようにしましょうね!!!!

さて、ここからどう動くかは学生たち次第です

焦って焦って自分を見失わないように

じっくり自分と向き合い、将来像をしっかり描き

就職先をみつけてほしいと私は思います

Ssc_0084

↑にょろにょろと動くヘビをいかにかっこよくお客様に見せることができるか!

Ssc_0087

↑素早いトカゲをおとなしくするには!・・・学生の深田さんまで硬直しています

これ以上の詳しい講義内容は残念ながら載せることができませんが

今回も講義に同席させていただき

私にもまだまだ知らない世界があり、

常に学ぶ姿勢と積極性がどれほど大事か再認識しました。

Ssc_0093

冨水明先生、お忙しい中ありがとうございました。

川中先生、学生にとって、スタッフにとっても貴重な場を作っていただきありがとうございました。

この場を借りて、スタッフ一同お礼申し上げます。

|

2012年9月29日 (土)

日本レスキュー協会に行ってきました。

JAMBO! あわづです。

   初めてレスキュー犬を見ました。

1995年 阪神淡路大震災の年に誕生した

認定NPO法人 日本レスキュー協会に実習下見にいってきました。

建物は小ぶりながら、犬舎はきれいに管理され、衛生的でした。

P1110067 P1110061

 災害救助犬のトレーニングのために、いろんな施設がありました。

P1110063

P1110066 

犬とともに社会に貢献する理念をもっておられ、被災された

人のココロを癒すため、セラピードッグを育成し、東北などへも

派遣されているそうです。

P1110071

 里親さがしのワンちゃんたち

  P1110060_3

  まだまだ、動物の世界には いろいろな活動をしておられる人も

  多くいます。 実際 自分の目で確かめ、知ること、考えることが

  大切です。次回、 ドッグトレーナー専攻の学生をつれていきます。

  何かを 感じて 学んでほしいと思います。

   おまけ・・・  伊丹空港の滑走路の先に 協会があり 

   飛行機が真正面から、飛んできます。  意外に 感動します。

  P1110069

|

2012年9月28日 (金)

フラワー専攻 藍染め体験

みなさんこんにちはフラワー系専攻担当の嶋です

先日フラワー専攻1・2年生と藍を使った染物体験に

行って参りましたのでご報告いたします

「藍ーあいーはタデ科の一年草で東南アジア原産の植物です

乾燥した藍の葉を100日程発行させ、“すくも”という染料にし、

インジゴと呼ばれる色素で染色することにより

藍色の染物が出来上がります

当日はNPO法人 寺子屋共育 轍‐わだち‐の蔵田さんと山口さん、

そしてファブリックデザイナーの蔵田 弥生先生

一般社団法人 自然大陸の三島さんにご指導頂きました

今回は藍染めチームと、藍&玉ねぎ染めチームに分かれての制作です

玉ねぎ一体どんな色に染まるのでしょうか・・・

Imgp1689

まずは大判の布を時計周りにグルグル巻いて長い棒状にし、

ビニール紐を反時計回りにきつくきつく巻いていきます

この作業簡単に見えますが、手にマメができる程力を入れて

しっかり巻いていくので意外と難しいのです

そして藍チームは藍の中へ・・・

Imgp1693

玉ねぎチームは玉ねぎの皮を長時間煮出した鍋の中へ・・・

Imgp1743

先程ビニール紐を巻いた所は染まらないはずですので、

巻く位置や長さ、力の入れ具合で染まり方が変わってきます

藍に浸した後は素早く洗い、日陰干しにします

そして一回目の仕上がりがこちら

《藍チーム》

Imgp1734

《玉ねぎチーム》

Imgp1794

乾いたら先ほどの工程をもう一度繰り返します

藍チームは2回目も藍へ、玉ねぎチームは次は藍へ浸し

完成したものがコチラですっ

《藍チーム》

Imgp1815

《玉ねぎチーム》

Imgp1816

藍チームは深みが増した色合いに

玉ねぎチームはかわいらしい色合いに仕上がりました

今回の体験により、植物は育てたり鑑賞するだけでなく

染料としても用いられる事を肌で体感し、植物の奥深さと

可能性をより深く知ることが出来ました

寺子屋共育 轍さんでは今回の様なワークショップを

とっても雰囲気の良い京都の古民家で行っております

ご興味のある方は是非ご参加下さい

Imgp1834

|

2012年9月26日 (水)

「アニマルセラピー」後期授業をちょっと紹介!

みなさんこんにちは、OCA教務部 獣医師の清水です

今、OCAは前期試験の真っ最中。学生さんの顔がいつも以上に引き締まっている

みんながんばってくださいね

さて、今日は10月から始まる「アニマルセラピー」の後期授業の中身をちょっとご紹介しましょう

本校はJAHA (社団法人日本動物病院福祉協会)の認定校として、アニマルセラピーの中でもJAHAが行っているCAPP活動(コンパニオンアニマルパートナーシッププログラム)をお手本とし、将来動物病院へ就職したときに動物看護師として参加できるような動物介在活動(AAA)を「アニマルセラピー」の授業に取り入れています。

前期は基礎知識を得るのと同時に、関西圏でCAPP活動を実施されている2つの動物病院様にお願いして毎月1回ずつ活動の見学をさせていただきました。

後期はいよいよ前期の勉強をもとに実践活動の開始です。

つまり、自分たちでチームを組んで、自分たちで育てているセラピー犬たちと一緒に自分たちで活動計画を立て内容を決めて訪問活動をするのです。

 口で言うのは簡単ですが、見るとやるのとでは大違い。                     

 いやあ、初回は緊張もするし、汗だく

 いつも見学させていただくCAPPボランティアさんたちのパートナーを見る目の温かさやトレーニングの確かさは人と動物の絆の深さに比例していること、利用者さんとの会話のうまさは社会経験の豊富さの賜物であることなどが実際に自分たちが活動を行うことではっきりと見えてきます。

 その子のかけがえのない「飼主」である事を最大限楽しんでおられるボランティアさんたちをますます尊敬してしまう、それは動物看護学生にとって貴重な経験ですね。

 この秋は、前期に引き続き4カ所の特別養護老人ホームでのCAPP活動見学と同時に、別の3カ所の特別養護老人ホーム1カ所の保育園への実践訪問活動を予定しています。

 まだまだ勉強中の身ゆえ、CAPPボランティアさんたちの活動には遠く及びませんが、利用者さんに喜んでいただけるよい活動ができるようがんばって行ってきま~す

写真は、本校のベテランセラピー犬 きなこ と チョコです

Photo_25 9

|

2012年9月25日 (火)

ホースセラピー特別授業

みなさんこんにちは ペット系担当の塩谷です

朝晩はすっかり秋らしい気候になってきましたね 

読書の秋・・スポーツの秋・・行楽の秋・・・みなさんそれぞれの秋を楽しみましょうね

あ・・・。私はもちろん食欲の秋ですが

さてさて、本日のブログでは先日行われた「ホースセラピー特別授業」について報告したいと思います。

「ホースセラピー?なにそれ?初めて聞く言葉!」と思われた方も多いかと思います。

でもでも。「アニマルセラピー」という言葉は昨今一般的に耳にするようになってきているのではないでしょうか?

そうです!アニマルセラピーの中でも馬さんの力をお借りするのが「ホースセラピー」なのです

アニマルセラピーの定義としてよく知られているのは「動物を介在することにより、精神的な健康を回復する」ということではないでしょうか??

でもその効果は、実はそれだけではないんですよ!!身体に障害がある方のリハビリにもなるのです

上下・左右・前後の振動が、馬の背を介して伝わって、全身の筋肉の協調運動が発達、また自然と平行感覚も養われるのですよ

・・・とまー説明はこの辺にしておいて。早速報告です

今回参加したのは、動物看護福祉専攻・動物理学療法専攻の1年生です

場所は鶴見緑地公園の乗馬場です

馬の乗り手として、脳や四肢に障害がある3名のお子様にも協力してもらいます

先生の講義を受けた後、早速参加者のお子様とご対面 「こんにちは~今日はよろしくね

Photo

そして早速順番に馬に乗ってもらいます

Photo_2 Photo_3

先生の指導のもと、お子様の安全を第一に考え、馬をひく人、体を支える人、顔を上げてもらうために前から「こっちだよ~」という人。チームを組み、万全の体制で行います。

緊張していたお子様も、この頃からは、自然と笑顔に

途中、馬の上からハイタッチをしてくれる場面も見ることができました

そして授業の終わりに先生からのまとめの講義を受けて本日終了。

Photo_5

学生さんも、お子様も、そして見ている私も、自然と笑顔が溢れ出る

まさに「ホースセラピー」でした 

|

2012年9月24日 (月)

OCA試験週間です!

みなさんこんにちは 教務部の春木です。

OCAは今週1週間、試験週間です

授業内容によって、ペーパー、レポート、実技、口頭試問など様々な試験があります

私も今日は担当している動物看護士専攻2年ゼミ生の、狂犬病ワクチンやフィラリア予防について犬の飼い主さんに説明する口頭試問でした(飼い主さん役&試験官は私です

みんな頑張ってわかりやすく説明してくれましたよ

さて、学生さんたちにとってはストレスな試験ですが、なぜ必要なのでしょう

OCAでの勉強は、試験に受かるためだけにしているわけではありません。

もちろん、合格不合格は決まりますけど・・・

重要なのは

事をした時にその知識や技術を正しく使えるかどうか』

そのため、来週は試験返却とともに『振り返り(見直し)』をします。

自分の知識・技術のどこが間違っていたのか。どこができていて、どこができていないのか・・・を確認して将来のお仕事につなげていきます

ですから、合格した人も、試験が終わったとたん内容をぜ~んぶ忘れちゃったら意味なし(学生時代の私に伝えたい・・・社会人になってから大変でした

その逆に、不合格でもそこから頑張って、お仕事に活かすことができれば

試験がうまくいった人もいかなかった人も、試験が終わってからが勝負地道に頑張りましょ~

*試験期間中で機密事項が多いため、写真がなくて失礼しました*

|

2012年9月23日 (日)

前半は河川調査の話です。後半は…?

石田です。

9月19日に水族館・アクアリスト専攻1年の学生の授業にて、住吉川の調査実習に行ってきました。

調査内容は、水質調査、生物調査(水生昆虫などの指標生物)、流量調査を行いました。

Sh380288_2

Sh380313_2

Sh380302_9

水質調査と生物調査は、以前のブログで紹介しましたので、今日は、それ以外のことを紹介します。

まずは下の写真です。

Sh380315
これはイノシシの捕獲のための檻です。神戸市では、多発するイノシシ被害から守るため条例にしたがって捕獲されています。

今回はイノシシの姿を見ませんでしたが、この周辺では、強力な獣の臭いが漂っていました。以前の調査実習では、イノシシと遭遇したこともありました。

他にもマムシやスズメバチなど危険な生物もいますので、実習の際には、十分注意する必要があります。

ところで、私の今までの経験の中で、怖い思いをしたのは、カンボジアのメコン川調査のとき、トラの足跡を発見したときですね。すぐ近くにトラがいると思うと安心して調査などできなかったです。

南米のラプラタ川で小型ボートに乗って調査していたとき、船のエンジンが故障してしまい、流れが速くて船が川の流れにドンドン流され、ついに海まで流されてしまったこともありました。

それよりも怖いのは、ジャングルの中での密猟者との遭遇やマフィアの秘密コカイン農場に知らずに入ってしまうことです。幸い今のところそんな経験はしていませんが、行方不明になった人の話はよく耳にしました。

南米のパタゴニアへ行ったときは、誰も住んでいないようなすごい僻地にドイツ人で自給自足の生活をしている人がいて、噂なので真偽はわかりませんが、ナチスの残党かも知れなくて隠れて生活しているとか? やさしそうなお爺さんでしたが。この国には、ナチスの残党を探しているイスラエルの人も多くいましたので、変に巻き込まれでもしたら怖いですね!

南米大陸の最南端にウスアイアという町があるのですが、そこに日本人の若い女性が独りだけで住んでいたのですが、本人は中国人であると言い張って、日本人でないと強く否定していました。でも、日本語なまりのスペイン語を話しているし、私達が日本語で話しているのを聞いていて何となく理解しているような感じです。これ以上は聞いてはいけないという感じでした。

昔の無知な若い時でしたので、知らずにいましたが、今行けと言われたら、決して行きませんよ。OCAの水槽の熱帯魚を眺めておとなしくしています。

|

2012年9月22日 (土)

城者定史の「フォトテクニック講座」

ECOの城者(じょうしゃ)です。

OCAではWメジャーカリキュラムといって、
他専攻の授業を選択して受講することができます。

私が担当しているフォトテクニックの授業では、
カメラの使い方や撮影のコツを教えています。
簡単なコンパクトカメラでも、
ちょっとしたコツを身につければ写真は驚くほど良い作品になるんですよ。

先日、天王寺動物園で撮影実習を行いました。

Photo

暑い暑い一日でしたが、学生たちは元気いっぱい!
一日中園内をウロウロしながらシャッターチャンスを狙っていました。

Photo_3

このカバ誰かに似ていませんか!?

Photo_4

シマウマは正面から狙うと模様がおもしろいですよ〜!

Photo_5

レッサーパンダはカラオケを歌っています♪

Photo_6

惜しい…!もうちょっとで微妙なハート!?

フォトテクニックは様々な場面で役に立ちます。
腕を上げた学生諸君!
これからも楽しみながらどんどん写真を撮ってください!

|

2012年9月12日 (水)

三重県「花と緑の里」にて実習でした

こんにちは、農業フラワー担任の長岡です

11日は三重県へ「次世代の為の環境教育」の授業の実習に行ってきました。

今回は、オーガニック食品専攻、ファームカフェ専攻と一緒に、
ナチュラルライフ専攻と総合ペットショップ専攻の総勢20名での参加です。

OCAでの授業は講義形式の内容もありますが、農BOY農GIRL達は8割以上外部での実習です。

机の上で学ぶことも確かに多いのですが、やはり自然の中で実際に感じる事が大切です。

Dsc_0204
自然の音を聞きながら、目で見て
Dsc_0215
匂いを嗅いで

Dsc_0210
手で触って

Dsc_0405
味わって学びます。

Dsc_0432

ちなみに、ハバネロを試してマス。
カライよりは痛い

これらは「五感」と言われ、体全体で実感することで、物事をただ、暗記するだけでなく、脳の深いところに記憶されます。
そうすると、より情報が増え、伝える言葉や表現力が広がり、より多くの感動を伝える事が出来ます。

今回、現地にて学んだ内容は「土ボカシの作り方」です。
なんだか難しいけれど、簡単にいえば、肥料をいっぱい含んだ土作りについてです。
肥料と言っても、農薬や化学肥料に頼らない、その土地に合った材料から作る事が出来るんです。
材料はモミガラ・落ち葉・コメヌカ・そして、土
これだけ。

しかし、混ぜ方や、熟成させる時間も約半年かかるすごく根気のいる作業です。
ですが地道にコツコツの仕事を重ねる事が、いい野菜を作るために必要なことなのです。

Dsc_0228
材料の土をとるため、土を堀り、
Dsc_0239
一輪車に積んで運びます。

みんなで順番に土を、下から上に返して混ぜていきます。

Dsc_0254

女の子も一生懸命、重いスコップを持って、土を下から上に混ぜる作業を行います

Dsc_0328

水分の量や、土の具合を見るのは五感を使って確かめます。
Dsc_0338

出来上がりまで、半年かかるので、それまで待てないので、半年前に作った完成作品を
講師の前川先生から一袋ずつ頂きました。
Dsc_0395

水田や野菜全般、花木などに効きます。ただし入れすぎ注意で全体のやく20%くらいでOK!
プランターに混ぜるとしたら、スプーン1杯程度で効き目

ぜひ、この秋には「土ボカシ」で作ったOCAの野菜を味わいに来てくださいね!

|

2012年9月11日 (火)

動物取扱業登録

JAMBO!  あわづです。

  学校なのですが、きちんと 動物取扱業登録をしています。

登録して5年経ちましたので、今回 更新をすませました。

学生諸君!気づいていますか

P1110038

これが 掲示してあることを・・・・  トレーニングルームの前です。確認してくださいね。

近日に新しいものに差し替えます。

P1110039

手続きは、複雑ですが しっかり書類をそろえ、いざ  大阪市動物愛護相談室へ。

  学校の校舎図 や 動物たちの飼育室の配置図だったり 意外に面倒です。

P1110056 P1110050

学校の卒業証書や資格認定書など 実家で大捜索し、 何年か振りに

手にしました。こんな 書類も必要です。

みなさんも 大切に保管しておいてくださいね。

必要となる日が、きっと 来ると思います。

P1110052

これで、しっかりとした 教育環境が整いました。P1110054

これからも 好きなことの勉強を続けてください。

|

2012年9月10日 (月)

花壇の模様替え

みなさんこんにちはフラワー系専攻担当の嶋です

先週「ガーデンデザイン」の授業で、学校前の花壇の植え込みを

行いましたのでレポート致します

OCAの学校の前には大きな花壇があるのですが

夏の間に伸び放題になってしまいました・・・

Cimg5309_2

Cimg5306

何度か刈り込んだのですが、日当たりがいいので

すぐにジャングル化してしまうのです

モッコウバラも夏前に剪定したのですが、

あっという間にぴょんぴょん道路に飛び出しております

Cimg5308

こちらは前回の植え込み時にご紹介した日々草の写真

Cimg5137

そしてこちらが4ヵ月経った現在の姿です

Cimg5322

かなり背も高くなり、ボリュームもUPしました

夏の間名前の通り毎日お花をつけてくれて、

玄関を華やかに彩ってくれましたよ

まだ少しツボミもあり楽しめそうですので、

日々草は今回はそのままにしておきます

さて、今回はそんなジャングル状態の花壇をお掃除し、

秋のお花に模様替えします

Cimg5311_3

1年生も今回が2回目なので、作業もスムーズに進みました

花の配置は先生のアドバイスを基に、特性を生かせるよう

成長後の姿を想像しながら植えていきます

Cimg5317

葉物ばかりだった花壇が、すっきりとかわいく模様替えしました

いかがでしょうか

Cimg5324

Cimg5323

モッコウバラのアーチもすっきりしましたよ

来校時には是非秋のお花を楽しんで下さいね

|

2012年9月 9日 (日)

サークル活動!!

みなさん、こんにちはペット系担当の前田です

OCAは夏休みが終わり、1週間が過ぎました

そろそろ夏も終わりに近づき、秋が向かって来てますね

秋と言えばスポーツスポーツと言えば秋

OCAではサークル活動も盛んに行っています
例えば、吹奏楽の「BIG BAND」です
「BIG BAND」は姉妹校のクラブ活動で結成された吹奏楽団なんですよ~

他にも、体育会系ではフットサル、バスケ、ダンス、バドミントンなどがあります
中には、筋トレサークルもあります
日々、体を鍛えているんですよ

また、随時サークル活動のことを更新していきたいと思います

|

2012年9月 8日 (土)

【1ZB Zoo巡りの旅】

皆さんこんにちは動物園公務員・動物園動物飼育専攻担当の平松です

OCAも夏休みが終わり、皆日焼けした元気な姿で学校に来ています

夏休みと言えば『宿題』もセットなるわけですが、飼育の学生にも素敵な素敵な課題がありまして(笑)、『動物園巡りをしよう!』でした。

そこで、1年生のBクラスにはちょっとアレンジを付け加え、一冊の自分ノートを作ってもらった訳ですが・・・

それが凄く頑張って作っていたもので!!!あまりに感動したので皆さんにお見せしようと思いました

Photo

では各内容を写真で紹介します!

Photo_2

ノートの表紙!イラストが得意な学生が結構います!

Photo_3

2_2

動物施設の紹介!ただ動物を見るだけではなく、展示方法の仕方や、飼育員さんの仕事を細かく観察し、自分達の夢を膨らます内容がたくさんありました!中にはフォトアルバムの様に写真をたくさん撮って貼る学生もいて、見易さと楽しさを重点に置いていました!

Photo_4

こちらは動物新聞!ただ新聞記事を写すだけではなく、自分流に読みやすい様アレンジしており、中には文章をイラストで表現し、楽しい記事に仕上げていました!遠方から来ていて新聞記事がみれない学生は、インターネットから作成もしていました!

Photo_5

‘もし自分が飼育員になれたら・・・’イベント内容も考えてもらいました!コールダックの行進イベントや、風変りなイベントなど、柔軟な頭の今しか考えつかない内容を分かりやすく考えていました!中でも『苦手克服大作戦!』という、メジャーからマイナー動物を、ひとつずつ触っていき、どんな動物にも興味を持とう!と考えた学生もいて、将来が凄く楽しみになりました!

Photo_6

一か月半の夏休み。これだけの園館を学生達は見学し、中には上野ZOOや旭山ZOOなどの遠方を見学した学生や、全部で6ヶ所も回った学生もいました!!

Photo_7

そんな園内マップを、自分ならどんな風に作るか?も出題した所、出るわ出るわ、皆のアイデア!こんな可愛い見やすいパンフレットなら、お子様にも大人にも喜ばれますねこのクオリティの高さには、本当に驚きです!

***********

いかがでしたか?夏休み前にこの課題を皆に伝えた時は、声を揃えて『えぇ~~!!』と言われていたのですが、あとがき部分を見ると、『大変だったけど楽しかった』との声がありました。学生達にとったら、これはただの課題かも知れませんが、今後自分達の自己PRに繋がる大事な一冊だと私は思います。こんなに学生達の意識が高く、ここまでできるのか!と改めて分かったので、私ももっともっと頑張らないとなと思いました!

今後も学生達と一緒に、私自身も成長していこうと思います

|

2012年9月 7日 (金)

★わんちゃんのお世話当番の様子★

みなさんこんにちはペット系担当の塩谷です

最近は良い天気と思ってたら、、、急な雷雨、、、そしてまた晴れるというよく難しい天気が続きますね~外出の際はどうぞお気をつけくださいね

さて、今日はOCAで飼っている8頭のわんちゃんのお世話当番の様子をご紹介したいと思います

毎日、朝&夕方にお散歩をしている風景は、皆さん目にする機会が多いと思いますが、それ以外にも実は色んなことをしてるんですよ

動物看護士専攻・動物看護福祉専攻・動物理学療法専攻・ドッグマスター専攻の学生で当番を組んで日々お世話しています

それではとある一日の夕方の当番の様子を写真を見ながらご紹介します

まずは、当番の8人が集合し、わんちゃんの注意事項等の引継ぎ確認があり、その後担当するわんちゃんを決めますくじ引きで決める日もあれば、お気に入りの子をご指名制の日もあります

そして担当わんちゃんをお迎え~

Dsc_0900

もうこの時点でわんちゃんのテンションはMAXに!!!わーい!!お散歩に行ける~といった声が聞こえてきそうなくらい興奮しちゃってます

そしてみんなで仲良くお散歩新町公園の周りをぐるっと一回りします

Photo

楽しいお散歩の後は実習室に行って健康チェック脈拍・心拍・体温・体重など異変がないかを確認します

調子が悪そうな時にはすぐに獣医の先生に報告し、早期発見ができます

Dsc_1143

最後に、わんちゃんの健康状態をカルテに記入し、次の当番さんへの引継ぎ事項をして当番終了

おつかれさまでした~

Dsc_1145

こんな感じで毎日お世話してます

みなさん、散歩中などに遭遇した際には、是非お気軽にお声かけくださいね

わんこ達もよろこびますので

|

2012年9月 5日 (水)

関西動物看護学生交流会の今

日中はまだまだ夏雲が空に広がる今日この頃ですが、みなさん夏の疲れが出ていませんか?

こんにちは、OCA動物看護士専攻 教務部の 清水です

それでも9月になった途端、蝉の声が途絶え、代わりに夜にはこんな都会の真ん中でも虫の音が聞かれるようになりました。やっぱり季節は秋に入りつつあるんですね。

さて、看護系の秋の一大校外イベントといえば、大阪市・大阪府獣医師会が交互主催・共催の「大阪動物愛護フェスティバル2012」。毎年、OCA看護ブースを出展して体重測定などを行い、来場の犬連れ飼い主様たちに大変好評をいただいています

同じくこのフェスティバルには、一昨年から「関西動物看護学生交流会」としてもブースを出しています。 これは、OCAだけでなく関西在住の動物看護系専門学校へ通う学生たちの交流の場として2年前に生まれました。今年はOCAを含む2校の動物看護系学生およそ80名がメンバーとして参加してくれています

異なる学校、異なる学年でありながら同じ「動物看護師」を目指す者としての意識の共有と連帯感の育成のほかに、動物看護師として必須な「ほう・れん・そう」(報告・連絡・相談)のスキルを身につけてもらう場でもある交流会。

今年もフェスティバルでのチャリティ販売に向けてグループに分かれ、夏休み中にも自主的にミーティングを行ってきました。

販売するものは、                                              犬用の健康おやつ・迷子札・リボン・バンダナ・アロマグッズ                                                                                                                                                                                             です。                                            

昨年は、おやつとアロマスプレーを作り、いずれも完売 売り上げは全額福島県動物救済本部に寄付しました。

今年はさらにパワーアップ。たくさんの種類のグッズの完売を目指します

ここで、迷子札の試作品を特別に見せちゃいます。あくまでも試作品。どうやって使うかちょっとこれだけでは不明ですよね、ふふ 当日はもっともっと素敵なグッズが出来上がること間違いなしですよ

Photo

どうかご期待ください、当日はぜひ遊びに来てくださいね~。

大阪動物愛護フェスティバル2012

2_2

場所はここです~。

Photo_2

|

2012年9月 4日 (火)

【newフェイス♪】

みなさんこんにちは

動物園公務員動物園動物飼育専攻担当の廣谷です

さてもうお気付きの方もいるかもしれませんが

先月OCAに新しい動物が仲間入りしました

049_2

↑オオバタンのココです(゚m゚*)

体はこんなに大きいですが、まだ11か月の幼鳥なんです

ここでオオバタンについて少し勉強しましょう

別名を『トキサカオウム』といい

おもにインドネシア・アンボン島の熱帯雨林に生息しています

頭頂に赤い羽毛があり、興奮した時などに

逆立てます

実はオウム目では

この頭頂部の冠羽があるものをオウム

冠羽がないものがインコ、と分けられています。

おっ

ということは

オカメインコは「インコ」とついているのに

冠羽があるため、実はオウムの仲間なんです

012

↑オカメインコのランちゃんです。○で囲った部分が冠羽。

さて、

ココちゃんですが

今おしゃべりの猛特訓中

ゴンニジバっ

ゴゴジャンっ

フッフ~♪←?

程度しかまだ話せません

みなさんぜひココに会った時には

話しかけてみてくださいね( ^ω^ )

意外な返事が返ってくるかもしれません・・・

それではまたお会いしましょう

 

|

2012年9月 2日 (日)

癒しのデスクグッズ♪

みなさんこんにちはフローリスト専攻担当の嶋です

学生の皆さんは楽しい夏休みを過ごせましたでしょうか

OCAでは長~い夏のチャレンジキャンパスも本日で終了

明日からは通常授業再開です

残暑もまだまだ厳しい中、本日はいつも私を癒してくれている

デスクアイテムをご紹介致します

まずはこちら

Cimg5289

観葉植物ドラセナの‘コンシンネ’という種類です

細い葉っぱがどんどん伸びてきてパソコンの画面に

侵入してきているのが少し悩みです

Cimg5304

こちらは春に学校前の花壇に咲いていたパンジーを

押し花にしたものです

やはり植物系アイテムに癒されますねぇ

他にもプリザーブドフラワーや・・・

Cimg5291

学園祭でZOOの学生が販売していた手作りの羊毛ストラップ

Cimg5295

のほほんとした表情にかなり癒されています

ちなみにお隣の動物園・動物飼育専攻担当の先生の机は・・・

Cimg5288

観葉植物のサンスベリアと、それに腰かけている初号機とやら

このサンスベリア、どんどん新芽が出てきて当初よりかなり

ボリュームUPしましたやはり植物の成長は癒されますね

他にもオーストラリアで激写したタスマニアンデビルの写真

Cimg5296

シャチに乗ったカップラーメンを押さえてくれる人や・・・

Cimg5298

Cimg5303

テントウムシの大群等々・・・

やはり動物グッズに癒されるのでしょう

みなさんもお気に入りの癒しグッズを周りに置いて、

新学期やお仕事など、まだまだ暑い今月も

頑張っていきましょうね

|

2012年9月 1日 (土)

今日は防災の日です。~動物達の地震予知能力~

石田です。

近いうちに発生すると言われている東海・東南海・南海地震が連動して同時発生する「南海トラフト巨大地震」によって大きな被害が出るとニュースで言っておりました。

私達も地震対策を考えておく必要がありますね。そこで、今日は動物達の地震予知能力についてのお話です。

OCAには多くの動物達がいます。地震前の動物達の前兆行動に気付くことができれば、地震に備えることができるはずです。

地震前の前兆行動と言えば、ナマズが暴れることが良く知られています。他の動物達においても普段見られない様々な行動が観察されています。

この現象は、地震の震源地では、地震が発生する前から岩盤が少しずつ破壊されています。このときに破壊によって大きな電気が発生します。この電気が「地電流」として地面を伝わって行き、大気中へは「電磁波」として放出されます。

動物達は、この地電流や電磁波を感知することができ、不安になり前兆行動をするのです。地震雲やラジオに混入する雑音などの異常な自然現象も地電流や電磁波の影響と考えられます。

まず、私が見た前兆現象から言いますと、阪神大震災のとき2日前が満月でしたのですが、その満月が真っ赤な色をしていました。

1日前には、私が山の麓にある大学で授業をしていたとき、5~6頭のタヌキの親子が建物の中に入ってきて、ものすごい勢いで廊下を走って行きました。廊下の曲がり角で曲がりきれずタヌキ達は壁に激突していました。

地震とは関係ない余談ですが、その大学と別の学校で、期末試験を実施していたとき、校内で放し飼いにされていましたヤギが教室に入ってきて、答案用紙の一部をヤギに食べられたのですよ。そのヤギはよく不法侵入してきて、学生の昼食用のマクドを食べたりとか問題児でした。

地震の話に戻りましょうね。

新潟でも地震を経験したのですが、地震の1週間前でしたが、池の錦鯉が皆同じ方向を向いて、きれいに並んで整列していました。

私の子供の頃の経験ですが、母親ネコが子ネコを地震前にどこかへ連れて行き、地震後に、また子猫を連れて帰ってきました。その母ネコは、子ネコがいなかった時期に地震が起こったときには、タンスの中の靴下をくわえて、どこかへ持って行きました。地震が終わっても、その靴下は返してくれませんでしたけれどもね。

では最後に、新聞やテレビ番組において、今までに報告されている前兆行動を紹介します。該当する行動を皆さんも見たときには、ご用心して下さい。

ネコが異常におびえていた。 ネコがやたらと外に出たがる。

イヌが吠え続けていた。   イヌが激しく走り回っていた。

鳥が夜中に鳴き騒ぐ。    クジャクが屋根や木に登っていた。

スマトラ島の大津波のときゾウが津波の低周波の音を聞きつけ事前に高台へ避難した。

ハムスターやネコが必要以上に毛づくろいをしていた。 

馬が暴れて逃げ出した。

カラスが多数集まり大きな群れを作っていた。 

多くのミミズが地面からはい出てきた。

冬眠していたカメやヘビがまだ冬にもかかわらず、地面から出てきた。

水族館のイルカがプールから出てステージの上にいて、水の中に入ろうとしなかった。

深海魚が海岸に多く打ち上げられていた。リュウグウノツカイという深海魚は大変珍しくて普段はめったに見ることができない魚なのに、東北震災の頃から、やたらと多く打ち上げられたものが多数発見され、今もまだ発見され続けています。

これは、怖い話ですよね!

Image_3755d22314bd95425952211259d39

|

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »