« オリンピックの選手頑張っていますね! | トップページ | 体験入学スペシャルDAY! »

2012年8月11日 (土)

看護犬ゆずくんの治療

こんにちは 強い日差しが、夏!って感じで気持ちいいですね~

教務部の春木です(◎´∀`)ノ

さて今日は、看護系の学生さんたちが日ごろお世話しているビーグルのゆずくんへの鍼(はり)治療レポートです

Photo_4

鍼治療とは、東洋医学(伝統中国医学)の考えに基づいてツボ(経穴)に髪の毛ほどの細い鍼をさして、体の調子を整えたり痛みを和らげたりする治療方法です

先月のこと。ゆずが腰~下半身にかけて痛そうにしていたので、急いで動物病院に行ってレントゲン検査やCT検査という精密検査をしてもらったのですが、結局、原因が見当たらなかったのです。

幸い、すぐに痛みは治まったのですが、再発防止と体調を整えるために鍼治療をすることにしました

人間でも、鍼治療は原因不明の慢性腰痛や神経痛に効果があるとされて、保険も適応になるんですよ

Photo_6

腰や後ろ足のツボに鍼がささっています。見えているのは鍼の持ち手で、刺さっている部分はもっと細いです

ハリをさすなんて、痛そうとか、嫌がらないの~とよく言われるのですが、治療中のゆずくんの様子をご覧ください

Photo_7

こんな感じで、ぼんや~りして、しっぽをフリフリしています

何をされているのか、あんまりわかってないのかもしれないですね( ´艸`)プププ

Photo_8

こちらは弱い電流をかける『低周波パルス療法』を行っているところです。

今のところは元気にしていますもう痛くなりませんように

鍼治療は毎週おこなっています。今は夏休みですが、9月以降は動物看護福祉専攻3年生の『東洋医学』という授業で治療を続けていきま~す

|

« オリンピックの選手頑張っていますね! | トップページ | 体験入学スペシャルDAY! »