« ディスカス特別展示 | トップページ | ペットエステ カラーリングの成果 »

2012年8月 1日 (水)

大阪府下最大の…!?

ECOの城者(じょうしゃ)です。
暑い毎日が続いていますが、やっぱりこの季節は海ですね。
暑さにたまりかねて、ついつい足は海へと向かいます。
とはいえ、南国のリゾートという訳でもなく、
もちろん海と言えば大阪湾です。

2005年にダイビングゼミ生たちが活動中に、
二色浜(大阪府貝塚市)で大規模な自生アマモ場を発見し、
新聞紙面に掲載されました。
それから二色浜では継続してアマモ場の調査を実施しています。

アマモは海草で、海の栄養分を吸収し、酸素を供給してくれます。
海を浄化し、生き物たちの生息場所にもなる「海のゆりかご」ですね。

今回はその二色浜よりも大規模なアマモ場発見か!?
ということで、地元小学生たちも交え、アマモ場の観察会を行いました。

Photo_4

OCAのダイビングゼミ生たちがスキンダイビングの指導を行います。

Photo_6

子供たちは全力で楽しみ、アマモ場へグイグイ潜っていきます。

Photo_3

小型の地引網をひいて生物調査も行いました。

Photo_2

かなり広範囲に渡りアマモが自生していました。
大阪府下最大規模のアマモ場ではないでしょうか。
今後継続して調査し、また報告していきたいと思います。

Photo

暑い暑い炎天下、この日は一日中、
体がふやけるくらい海に入っていました。
あ〜っ!やっぱり海は気持ちいい〜♪

Photo_7

|

« ディスカス特別展示 | トップページ | ペットエステ カラーリングの成果 »

eco★news」カテゴリの記事