« リニューアル!屋上菜園 | トップページ | 水槽教室の新しい顔ぶれ »

2011年7月23日 (土)

【暴かれる動物の生態】

みなさんこんにちはsun

動物園公務員horse動物園動物飼育pig専攻担当の廣谷ですpenguin

今回は先日行われた

解剖学についてレポートしたいと思います。

解剖の対象は

昨年、老衰のため亡くなった

ワラビーの『ジンジャー』です。

ジンジャーは

私廣谷が学生の時から飼育されていた動物なので

思い入れも強いですdespair

執刀医は獣医学の授業も担当してくださっている笹野先生ですsign01

解剖の前には

しっかりと黙祷をしてから始めます。

ワラビーは

有袋類といって

カンガルーと同じ仲間

お腹に袋があるのが特徴の動物ですclover

さて解剖開始ですeye

Ssc_0048

Ssc_0049

Ssc_0050

Ssc_0051

Ssc_0052

学生たちは間近で見る

貴重な体験に

写真を撮ったり

一生懸命メモを取ったりしていましたpencil

私もワラビーの解剖は

初めて見ましたが

改めて動物の体の神秘や

細部に亘って知ることができて

勉強になりましたpunch

笹野先生本当にありがとうございましたsign03

|

« リニューアル!屋上菜園 | トップページ | 水槽教室の新しい顔ぶれ »

eco★news」カテゴリの記事