« 昆虫・植物標本レスキュー | トップページ | ファームゼミ宿泊実習 »

2011年7月 8日 (金)

海人(ダイバー)となった日②

ドルフィントレーナー専攻担当の村瀬です。こんにちは!

夏は、海が恋しくなる季節sun、そう、ドルフィントレーナー専攻の季節!

ということで、先月行って来た「ダイビング実習」の報告その2。今日は、この実習に欠かせなかった「縁の下の力持ち」たちを紹介しますね。

(夏はネタがたくさんあるので、1回では納まらず、しつこく今日も海ネタです(^-^;)

さて、ドルフィントレーナー専攻の実習の中で、最も「楽しい」カテゴリーに入る、「ダイビング実習」ですが、実はこの実習のコーディネーターは、学生なのですhappy02

2011061407500000このメンバーですヨ。「ダイビングゼミ」生たち。「使える」奴らです! ドルフィントレーナー専攻と、水族館アクアリスト専攻の2年生。

普通、実習の段取りは、私たちスタッフが行うものなのですが、この「ダイビングゼミ」というゼミを選択した学生たちは、①宿の食事内容や部屋割り、②全てのタイムスケジュールの作成と管理、③講習中は陸と海中で1年生をサポート、④ログ付け(ダイビングの記録)のサポート、⑤約70名の器材管理、etc・・・と、まあこんな具合に、本来スタッフが行うことを、ぜ~んぶ学生たちが行うのですhappy01

8日間、早朝から深夜まで働きっぱなしの8名。でも、忙しいからといって、手抜きはありませんでしたok もう、「学生」ではなく、「スタッフ」の感覚で全力投球してました。

こんな風に…

Photo_2朝一からテンション上げて盛り上げる 、というパフォーマンスにも余念がありません。

こんなダイビングゼミの先輩に憧れて、「来年、ダイビングゼミを選択します!」とみんなの前で公言した1年生もいたほど。

最後はすっかり2年生になついた1年生たちと記念撮影。まるでこれが最後であるかのような、涙涙のお別れでした。

Photo_3 

不安な海の中で、いつもそばにいて、勇気づけてくれた先輩たち。いつも学生たちに言っている「感謝の気持ちを忘れないこと。感謝の気持ちをたまには形で表すこと。」を忘れず、自分がしてもらったことを、来年は次に入学してくる後輩たちに引き継いでほしいな。

|

« 昆虫・植物標本レスキュー | トップページ | ファームゼミ宿泊実習 »

eco★news」カテゴリの記事